2005年09月12日

ウルトラ デブ!?

まいど!

  今日はオフィスから自宅まで7kmのジョグ。^^

  だいたいデブ・ランナーはシューズの減りが早い。^^体重が重い分、アウトソールの磨耗が激しいのだ。そして、デブ・ランナーは膝を痛めやすい。走ると体重の何倍もの負荷が片足にかかる。

  よく「ジョギングは金のかからないスポーツ。ジャージとシューズだけでOK」との声を聞く。まさにその通りだが、だからこそランナーはシューズに対するコダワリがやたら強い。^^

  そこで、本日のジョギング必携品:

saloma

  これは去る7月、リタイアしたおおかわち高原マラソンで購入。出展していたスポーツ店のオヤジに、「デブ・ランナー用になにかいいシューズありますかーー?」と聞くと、真剣なまなざしでデブ・ランナーを頭から足元まで凝視したオヤジさんは「これならウルトラも大丈夫やでー。100キロでもいける!

 「ウルトラ?100キロ?そんなにも体重ないでー、失礼やナー!」

と切り返す。「ちゃうちゃう、ウルトラマラソンのことや!あの有名なサロマ湖
100キロマラソンから命名されたアシックスのサロマやー」

  なるほど、これは快適!クッション性抜群!


  ファッション性を重視する我がデブ・ランナーはナイキに盲目。ランニング
を始めて最初に奮発したのが、ホノルルのナイキタウンで買ったかっこいいシュ
ーズ。$200也!しかし、シャレてはいるもののランニング専用でなかったの
で、すぐさま、ナイキ・エアズーム、ケージを購入。雑誌の2面開き広告につら
れた。しかし、これは速いランナー用のシューズだった。走ってると直ぐ足の裏が痛く
なる。確かに軽くて速く走れそうなのだが・・・。やはり、デブ・ランナーはフ
ァッション性よりクッション性でシューズ選びを慎重にせねば。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔