山岳トレーニング(山登り)

2006年11月05日

石鎚山(1982m)

まいど!

  2日に西日本最高峰、石鎚山(1982m)に北京からやってきたマークと一緒に登ってきた。

  深夜1時に伊予西条駅に到着し、コンビにで食料と水を買い込み徒歩で登山口まで目指す。地図上だと約25キロほどと推測。真っ暗闇のなかヘッドライトをつけて進む。ダムを過ぎたあたりで、山側からガサガサなにやらもの音が聞こえてきた。動物にちがいない。結構大きいな音。「熊か!?」山登りを控え、仮眠場所を検討していたマークとデブ。熊が降りてきているなら、オチオチ寝るわけにも行かない。バックパックには食料がふんだんに。前進あるのみ。

ishizuchidark







(闇夜のなか一路、石鎚山登山口へ)

  4時ごろ、軽トラに乗ったご老公が拾ってくれた。「この辺に熊いるんですか?さっき動物が徘徊している音が・・・」「それはイノシシやで」とご老公。イノシシ狩りの名人だという。会では年間250頭も捕獲すると。イノシシの肉は最高らしい。

  イノシシ狩りの名人にロープウェイ乗り場まで送った。仮眠をとり6時にスタート。もちろんロープウェイは使わない。^^今回のアドヴェンチャーのコンセプトは「海抜0から標高2000メートルまで足であがる」というもの。

  睡眠不足もあいまって登りだして1時間もすると疲労困憊に。テントなどないが、リュックを枕にして山の中で寝ることに。2時間ほど寝てたどうか、寒さで起きた。凍死するかと思った。体の振るえが止まらない。睡眠より、登り続けて体を温めるしかない。


ishizuchinap






(山の中で仮眠するマーク)


  勾配は結構きつい。ロープウェイに乗ればよかったと後悔の念。中腹の成就神社にたどり着いた時には昼を過ぎていた。ほら貝と白装束をもった山伏姿の一行が沢山いる。石鎚山は信仰の山。ここには食堂もあるので、リュックにつんだコンビニ弁当より、暖かい親子丼とおでんを頼む。1時を回ったので今から頂上まで往復すると最終5時のロープウェイに間に合わない可能性がでてきた。なので、足取りの軽快なマークに先に行ってもらうことにし、デブはオチオチ歩くことになった。マークはなんとか頂上までいくことができたが、デブはその手前で断念。帰りは必死で走れるところは走った。ロープウェイになんと1分前に到着!危なかった。次回はロープウェイを使って、頂上を制覇したい。^^

ishizuchiend






(最後の壁を下りてくるマークを発見し、マーク!と叫びバンザイするデブ)

ishizuchiend2







(デブはここで断念。夜明け峠)

ishizuchikouyou






(山頂の紅葉は終わったものの、中腹には見事なもみじ)

ishizuchikouyou2



  

mona_lisa_smile at 00:11|この記事のURLComments(10)TrackBack(0)

2006年10月02日

毛無山 (標高 1218メートル)

まいど!

  毛無山(標高 1218メートル)に行ってきた。

kenashibuna




  ブナ林がみごと。しかし、小雨が降っていたため、360°のパノラマが開けている頂上も視界ゼロ。Tシャツで登ったけど、そろそろ山は長袖でないと寒い。雨や霧対策にゴアテックスもいるなー。白馬山まで縦走して下山。もっと縦走したかったが、雨、露のため濡れるし、尾根は寒いので断念。

kenashi2












kenashi1



mona_lisa_smile at 20:03|この記事のURLComments(9)TrackBack(0)

2006年09月25日

ゴム草履で登山

hiruzen2


右手前から、下蒜山、中蒜山、左奥が上蒜山。


  まいど! 今日こそ蒜山三座を縦走するぞ!と息込んで朝5時半に家をでる。^^ゲームプランは、上蒜山登山口に車を置き、自転車で11キロ離れた下蒜山登山口までいく。そして下山したら車で自転車を取りに行く。^^

  しかし、上蒜山に着いて、登山靴を持ってきていないことに気づく。足元に目をやるとゴム草履。まあ、ええやろーと自転車でアップダウンの高原を下蒜山まで向かう。登り始めるも、火山灰の黒土は朝露に濡れて滑りやすい。300メートルほどで3回こけてやむなく登山を中止。サイクリング・トレーニングにかえる。

hiruzen






上蒜山(手前左)と中蒜山(右)

mona_lisa_smile at 15:14|この記事のURLComments(8)TrackBack(0)

2006年09月21日

広戸仙 (標高1114m)

まいど!

  今日は広戸仙(標高1114m)に行ってきた!昨夜例のごとくおかんに「山行くから弁当作っといて!」と頼み、今日こそ蒜山三座制覇を果たそうと目論んだが、またもや寝坊。ゴルフ行く時は5時に起きれるのだが・・・。8時過ぎから始動した。蒜山三座縦走は時間的に無理だと判断し、予定を変更。


koudosen1






この辺の稲穂は黄色くなってきた。


koudosen2






これが目指すは広戸仙!


koudosen3






なんとか山頂にたどり着く


koudosen4






山頂から滝山(手前)と那岐山(奥)を望む

koudosen5






koudosen6






koudosen7






koudosen8






  今度こそ、早起きするぞ!



mona_lisa_smile at 21:14|この記事のURLComments(9)TrackBack(0)

2006年09月19日

熊山 (標高508m)

まいど!

  昨夜、おかんに、「明日早朝から、ひるぜんに山登りにいくから、今晩、弁当つくといって!」とたのんでいた。

  起きたら時計の針は9時を差している。蒜山まで車で2時間ほどはかかるから
5時か6時ぐらいに家を出る予定をたてていたのだが。おかんの弁当に申し訳ないので、くるまで30分ほどのところにある熊山(くまやま、標高508m)に急遽予定変更。
渋る弟を強引に誘い2人で登山。

kumayama1







中腹の休憩所


kumayama2







頂上近辺に神社が。


kumayama3














樹齢1000年を超える天然の杉。天然記念物に指定されている。


kumayama4







頂上には遺構が。奈良時代のものらしい。


kumayama5







山頂から瀬戸内海を望む。海の向こうは小豆島。


   よるジムのトレッドミルで6Km走ったのち、プールで歩きクールダウン。
合計15キロ稼ぐ(登山9km、トレッドミル6km) ^^

mona_lisa_smile at 23:19|この記事のURLComments(8)TrackBack(0)

2006年07月23日

ゴミ拾いスクワット2

まいど!

  昨日夕方、日差しも和らいだ時間を狙って外をジョギング(ウォーキング?)
した。ゴミ袋を2枚持って。帰国後初めて畑の様子を見に行った帰りに、鉄砲山
コースでゴミ拾いスクワットを実践したのだ。

  1つのゴミ袋にはペットボトルなどの燃えるゴミ、もうひとつの方には
缶類など。ゴミを拾いながらのジョギングはまさに一石二鳥、いや三鳥か。
頻繁にしゃがむから腰は鍛えられるし、ゴミの量も増えてくれば腕にいい負荷が
かかる。なにより、いつも走っている道がきれいになっていくのがジョギングの
爽快感とあいまって気持ちいい。鉄砲山は舗装された道が整備されているので
車が通る。沿道には車からポイ捨てされたのかところどころゴミが。
「ゴミ捨てるな!」の看板も散見される。

  ゴミを拾っていて気づいたことに、なぜかその看板の周辺にゴミがあると
いうこと。ゴミがあるから看板を付けたのか、看板があるから人はゴミを捨てる
のか。人の心理って不思議だ。あるアメリカの学者が「ブロークン・ウインドー・
セオリー」なるものを提唱し、NYの元市長がそれを実践して治安を回復した
という。そのセオリーとは、ストリートに窓が割れた車が1台放置されていると、
次から次へと車のウインドーが割られるので、窓の割れた車の放置を根絶する
ことが治安の浄化につながるというもの。たしかに、らくがきも、らくがきが
あるよこに書かれる。人はそこに落書きがしてあれば、「ここもええやろー」と
更なる落書きを作る。ゴミも一緒だろうなあ。

  まあ、自己満足に過ぎないが、いいことをすることは気持ちいいね。今後も
実践していきたい。

gomi2













gomi3








gomi4












看板自体には文句はないが、景観を損ねるだけでなくなんか寂しいくなるね。


gomi1






mona_lisa_smile at 14:37|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月19日

縦走 櫃ケ山〜星山

まいど!

  昨日も登山に出かけてきた。朝5時半出発、車で2時間ほどのところ。日曜の早朝は
道もすいているので高速道路を使わなかった。目指すは櫃ケ山(ひつがせん 954m)。
1000mにも満たないけどなかなか勾配のある山だ。麓からみた山の形状も特徴的。

hoshiyama01








  旭川(あさひがわ)流域にそびえたつ。このあたりは夜になると蛍が飛び回っている。
一昨年夜通し流域を50キロ走った(歩いた)時、蛍が放つ流線状の光がとても幻想的
だったのを思い出した。そろそろホタルの時期だなあ。

hoshiyama02






  山を歩いている時いつも、ハンターよろしく熊か猪か鹿か野生動物をデジカメで
押さえてやろうと虎視眈々と狙っている。でもなかなかめぐり合わない。稜線まで達した
その時、ササの中が大きく揺れた!雉(キジ)だ!だと思う。^^色彩豊かな羽を持った
図体の大きい鳥がササの合間から稜線にノコノコと出てきたと思ったらあっという間に
飛び去っていった。慌ててポケットからデジカメを取り出しシャッターを切る。

hoshiyama7






  まいどの事ながらヘコタレながら山頂に到着。

hoshiyama03







  減量トレーニングが主旨なので星山(ほしがせん 1030m)まで5キロの縦走を敢行する
ことに。星山は地元では「ほしやま」と親しまれている。「ほしやま」のほうが可愛い。
ここらには「山」とかいて「〜せん」と呼ばれる山が多い。本によると山岳信仰と関連
しているとか。下の写真の左奥がほしやま。真ん中が扇山、右が五輪山。これらを通る
縦走路はアップダウンにとみなかなか厳しいものだった。道中の景色がいいのがよかった。
先日制覇した大山(だいせん)も望む。

hoshiyama04







hoshiyama05







hoshiyama06







hoshiyama07







ほしやま山頂から大山(だいせん)を望む。

hoshiyama08








   縦走した場合厄介なのが、下山口から車をとめている登山口まで戻ってこないと
いけないこと。地図をみてはかったところ13、4キロはある。まあトレーニングだし歩こう
と意を決してたものの星山を下山したところで疲労困憊。地元のおじいちゃんが声をかけて
きた。「あんたひとりかね?」デブを見かねたのか車で登山口まで送ってくれるという。
やさしいね。涙がでそうだった。感動したデブはタクシー代のかわりにと謝礼を渡そうと
するもおじいちゃん受け取ってくれない。なので、募金箱に寄付してきた。

  登山口のそばにある足(たる)温泉につかり文字通り足を休めてから帰った。地元の
人の親切に触れたいいトレーニングの休日。^^



hoshiyama1







hoshiyama2







hoshiyama3






hoshiyama4







hoshiyama5







hoshiyama6



mona_lisa_smile at 12:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月13日

大山(だいせん、標高1710m)

まいど!

  昨日、鳥取県にある西日本最高峰、大山(標高1710m)に上ってきた。月曜日
ということで登山者もまばらだった。この3年間毎年(昨年)行っている。
でも、今回は本当に苦しかった。体重が増した分きつかった。脳は昨年の様子を
覚えているが、「こんなはずではないのに・・・」と10疏の負担に体は正直に
反応する。なんとか頂上までたどり着いたが、今年中に痩せてリベンジにこないと
いけないなと猛省。

daisen01







daisen02







daisen03







daisen04







daisen05



mona_lisa_smile at 23:19|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2006年06月10日

アルプスの虫、植物たち

wake4






wake5






wake6






wake7






wake8






wake9






wake10






wake11






wake12






wake13






wake14






wake15



mona_lisa_smile at 20:20|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

アルプス縦走!

まいど!

  今日は車で30分ほどのところの神ノ山(こうのやま、370m)でトレーニング。
誰が名付けたのか「和気アルプス」と呼ばれているとおり5キロに渡る縦走路は
変化に富んで歩き応えがあった。途中城跡があったり、岩場などなかなのトレイル
だ。GPSウォッチによると9キロほど山の中を歩いた。もっと痩せたら、トレイル・
ランといきたいところ。^^

wake1








wake2








wake3



mona_lisa_smile at 18:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月06日

花々

まいど!

  後山(うしろやま)で見かけた花々。

hana1






hana2






hana3






hana4







UshiroMap



mona_lisa_smile at 01:27|この記事のURLComments(5)TrackBack(0)

2006年06月05日

山岳トレーニング第3弾 − 後山

まいど!

  日曜、朝3時半から出動。目指すは岡山最高峰の後山(うしろやま、1345m)
途中、コンビにで「六甲のおいしい水」2Lとおにぎりを買い込む。車で2時間で
たどりつくが、登山口を探してウロウロ。やっと見つけ出すもの上り口には
「くまに注意!」の看板が。この山一帯はツキノワグマの生息地らしい。

kuma






  実は土曜日からの徹夜明けでコンディションはよくない。30分ほどフラフラ
歩いているといつのまにか登山道からそれていた。それでも何とかケモノ道ほどの
ルートがあったので「まあええか。頂上にいけるやろー」とタカをくくっていた。
しかしそれが間違いの元。ヤブコギ状態。木の根や枝をもって登らなければ
ならない状態が暫く続き、次第に四つんばいにならないと登れないところまで
陥った。さすがに「これはやばい、引き返さな」と思うも完全に迷子。人は山の中
で迷うと心理的についつい下へ下へと下りてしまう。デブも沢の方に向かって
しまった。お尻をつきながらずるずる下っていると大きな岩場やガケにたどり
ついてしまった。万事休す。お尻をつかないと下りれないような急斜面だから
登るのも一苦労。下りでは何度も足を滑らし、尻餅もついた。一歩間違えば
急斜面をまっさかさま。

woods






  腰をおろし休憩中何度も後悔した。「もっと早く引き返せばよかった。」
「なんで携帯を持ってこなかったのだろう!」携帯は圏外表示だったので車に
置いてきていたのだ。ライターもない。「タバコを持ってくればよかったなあ」
野宿となれば「火も熾せない!」食料もおにぎり大一個だけ。水も少し。
後悔の念ばかり先立ち、気分も弱気になる。遭難の2文字が頭をよぎる。
「熊が出てきたらどないしよー」

kumahun







(熊の糞か?!)

  ネガティブな考えを振り払い、「よし、上へ上へ行こう!」上に登れば必ず
頂上に達する。稜線にたどり着けば、登山道もあるだろうし、登山者もいる
だろう。それからは一心不乱に登りだした。しかしここで次なる問題。下品なこと
だが大便をもよおして、登るのに集中できない。「しゃあない、やってしまうか」
これがなんと爽快!後山には大変失礼だが、自然の中で、用をたすのはなんと
気持ちのいい事か!^^ してしまうと身も心も軽くなり、登る力も心なしか
でてきた。そのまま2時間ほど彷徨っていると、8合目付近の登山道にたどり着く。
おもわず「ヤッター!」と声がでる。今回の登山のハイライト。頂上にたどり
着いた時よりうれしかった。

peak
view






(後山は兵庫側からは板馬見山と呼ばれる) (後山頂上から望む)

  後山山頂にたどりつき他の中高年登山者たちと束の間談笑。サバイバルを
制したからなのか欲が出てきた。駒ノ尾山(1258m)まで「縦走しようかなあ」
との野望が頭をもたげる。残りの水は少ない。折角ここまで来たのだからと、
縦走を決意。しかし、これはきつかった!最後の水を頂上手前で飲み干す。
そして、駒ノ尾山頂上に!ここは見晴らしもよかった。どの山もそうだが、
頂上はなんとも気持ちいい。

traverse
peak2






(駒ノ尾山への縦走路)


mona_lisa_smile at 23:01|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)